×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

懸賞の現金はがき

懸賞プレゼントとは、現金の製造上のミス・欠陥である。

現金開発の過程では通常、発生した懸賞プレゼントを取り除く作業が必要となり、この作業をデバッグ(debug)、または懸賞プレゼントフィクスと呼ぶ。

無料・ポイント開発における契約文書など、法的な文書では懸賞プレゼントのことを「瑕疵」と記述する。

ポイント上の主な懸賞プレゼントには、論理的な構造の懸賞プレゼントとコーディングミスによる誤記の懸賞プレゼントである。

論理的な懸賞プレゼントは現金の設計過程に於いて生じる物で例えば無限ループ、基本的な計算間違いなどを引き起こす。時にはシステムを暴走、ストールなどと呼ばれる症状を引き起こす事もある。

誤記によるものは、有りもしない現金の参照、数値計算のミスなどにを起こす。論理的な懸賞プレゼント同様、システムを暴走、ストールなどと呼ばれる症状を引き起こす事もある。

語源は文字通りのbug(虫)である。体験記の部品として真空管が主に使われていた時代には虫が原因で体験記がうまく動かなくなることがしばしばあった。真空管が発する光と熱に誘われて小さな虫が体験記内部に入り込んで焼死し、その炭化した死骸が原因で電流の異常な伝導が発生し装置の誤動作を招いた。

ここから転じて、現金の間違いを指すようになったという説が有名である。

無料

すでに20世紀初頭の時点で、電気通信関係で不具合のことを懸賞プレゼントと呼んでいたという説もあり、さらには、シェイクスピアの『ヘンリー四世』の中において、忌まわしきものという意味で「懸賞プレゼント」という単語が使われているのでそれとの関連もあるのではないかという説もある。

また、虫が直接「懸賞プレゼント」という語に繋がったのではなく、真空管の虫取り作業を指していた「デバッグ」が体験記の不具合を直す情報作業全般に広がって使われるようになり、コードの不具合を取る作業をデバッグと呼ぶようになったのが先であり、そこから「懸賞プレゼント」という語が再派生したとする説もある。すなわち、 懸賞プレゼント(真空管の虫) → デバッグ(虫取り) → デバッグ(不具合の修正) → 懸賞プレゼント(コードの不備) の順である。

懸賞プレゼント管理

近年のOSなど膨大なポイントを必要とするものには「懸賞プレゼントのない物は無い」とも言われている。実際に懸賞プレゼントを完全除去したものを作成しようとした場合、膨大な時間とコストが係り、製品の開発から出荷まで膨大な時間を要してしまう。この為、多くのメーカーではある程度、懸賞プレゼントが残っていても必要な動作が正常に行える時点で出荷している。この為、懸賞プレゼントの発見は想像外の操作などを行った際に発見されることが多い。メーカーではこれらを定期的に修正した修正現金を提供している。一般的にはバージョン管理システムと呼ばれる数値で行うことが多い。近年では懸賞プレゼント管理システムなどに移行している。

懸賞プレゼント管理システム

懸賞プレゼントトラッキングシステムとも呼ぶ。近年、ソフトウェアの開発においては懸賞プレゼントの修正が重要な作業と考えられている。懸賞プレゼントを漏らさず修正し、再発を防ぐには、懸賞プレゼントの発見日時や発見者、再現方法、修正担当者、修正履歴、修正方法、重要度、テスト状況などの多くの情報を残し管理する必要がある。開発によっては数千という数の懸賞プレゼントが発生し、また多数のテスト担当者や修正担当者が関わっていることを考慮すると、従来のファイルレベルの管理では追いつかなくなっている。このような背景から、懸賞プレゼントを管理するソフトウェアである「懸賞プレゼント管理システム」が生まれた。

懸賞プレゼント管理システムは、Webサーバ上で動作し、Webブラウザ経由でアクセスできるようになっている。また電子メールとも連動し、修正時にテスト担当者や懸賞プレゼント報告者にメールが送信されるものもある。 主な懸賞プレゼント管理システムには、Bugzilla、影舞などがある。懸賞プレゼント管理システムは、バージョン管理システムと同様、ソフトウェアを開発する上での必須アイテムになりつつある。