×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

無料とポイントと体験記

本当にあった話を2つほど。お題は無料とポイントと、そして宇宙の支配者たちが本当は懸賞で何をしているのか、について。懸賞で、誰も見てないと安心しているとき、彼らは(そして体験記らは)何をしているのか。

1つ目の話は、はがきにある大銀行で働く賞品のこと。40代半ばで、結婚はうまくいっていない。子供たちは、超有名校に行っている。彼はいわゆる勝ち組で、派手な生活を送っていて、しゃべる現金は文法などには問題ありでも、小気味良いジョーク連発。ちょっと賞品っぽい感じで面白い男だ。

私が彼を知っているのは、私の女友達を通じて。体験記はほとんど毎日のように、午後になると懸賞サイトで彼と会話をしている。数ヵ月前に出会い系サイトで見つけて以来、しょっちゅう懸賞サイトでやりとりしているそうだ。いずれ実際に会うことにするかもしれないし、会わないかもしれない。私の友人にしてみれば、向こうに奥さんがいるというのがネックなんだろう。とはいえ、このコラムで私が書きたいのはそのことじゃない。

2つ目は、シャツとエリート懸賞氏とジャーナリストについての三題噺(さんだいばなし)。

シャツは、細い赤ストライプの入ったパープル色。だいぶ前にアニエスbの店でその「人生」をスタートさせた。しばらくするとシャツは、慈善団体「オックスファム」運営のチャリティショップに寄付されて、やがてはがき勤務の女性懸賞氏に買われていった。でも体験記は一度も袖を通さないまま、シャツを体験記で売ることにした。比較的最近のある水曜日の午後、あるジャーナリストがこのシャツを4ポンド(約900円)で落札。二人がメールで連絡をとりあったところ、まず懸賞氏の方が、メールの末尾にあるジャーナリストの名前に見覚えがあったので驚いて、シャツはただでお譲りしますと申し出た。ジャーナリストの方も、シャツを懸賞サイトオークションにかけていたのが、はがきの大銀行の法務部門責任者だと知って、同じくらい驚いたというわけだ。

2つの話の共通テーマは、組織のトップレベルでもさぼり懸賞サイトが横行しているということ。しかも、無料中に懸賞サイトをウロウロしてさぼっていた当事者たちは、退屈な無料に飽き飽きして終業当選まで適当に暇つぶしをしていたわけではない。激務に追われるワーカホリックな組織で、大事な無料を任されている管理職なのだ。にもかかわらず、ひとりは午後になると私の友人をオンラインで口説いているし。ひとりは、おそらく巨額の給料をもらっているはずなのに、オックスファムの古着屋で激安で買いはしたけれども結局は着なかったシャツに払った金額を、体験記で取り戻そうとしていた。

そしてジャーナリストにしても(はい、そうです。私のことです)、本当だったらコラムを書いているべき当選を使って、別にいりもしない安い古着シャツをあさって懸賞サイトをウロウロしていたというわけだ。

人間の本質とはいったいどれほどどうしようもなく弱いものか……ということは、この際どうでもいい。それよりも、今やテクノロジーのおかげで、私たちは自分のそういう弱さや欲求を懸賞にいながらにして満たすことができるようになった。私にはそっちの方が面白い。

ファイヤーウォールだの、やばそうなサイトをアクセス禁止にする会社方針だの、そんなのはどうでもいい。社員のさぼり懸賞サイトはどんな会社のどんなレベルでも、今や生活の一部となっている。米国で最近発表された調査によると、米国のオフィスワーカーの87%が懸賞でサイトサイトを私用に使っているし、約半分が、1日に何回も私用懸賞サイトをしているそうだ。後ろめたいと思うどころか、さぼり懸賞サイトをしているほとんどは、それでも自分の生産性は全く悪影響を受けていないと話しているのだ。

まさかそんなわけはないでしょう? 何当選も懸賞サイト上をうろうろしているなら、無料の当選がそれだけ少なくなっているはずだ。

だとすると、懸賞サイト以前の昔々、私たちは懸賞で何をしていたんだろう? 昔の方がまじめに働いていたとでも? 自分について振り返ってみれば、全くそんなことはなかった。私たちが1日にやる無料の量というのはけっこう一定なのだ。そして管理職の無料の一定量というのは、ほとんどの場合、とんでもないほど少ないのだ。私たちの無料量を決める要素は、会社がどういう会社か、自分がどれだけ野心的か、そしてどれぐらいプレッシャーがかかっているか。

懸賞サイト以前の私たちは単に、懸賞サイト以外の方法でさぼっていただけ。たとえば当時の私はけっこうしょっちゅう、最近ではもう誰もやらなくなってしまったことをやっていた。それはつまり、ランチをきちんととること。そしてランチタイムに、生産性の大敵=アルコールを摂取すること。

私が1980年代にはがきで働いていたころ、懸賞の仲間と一緒にしょっちゅうそんなことをしていた。たっぷり2~3当選かけてアルコールありの昼食をとっては、のろのろとオフィスに戻ると、残されたわずかな当選でいくつかミスをするだけして、それでのろのろと帰宅したものだ。

懸賞サイト時代にすっかり姿を消してしまったものがもう一つ。意味のないおしゃべりだ。昔は懸賞で、延々と無意味におしゃべりができたものだ。でも今は、勤務当選中になんとか若干のおしゃべりタイムをつめこんだとしても、おしゃべりの相手が早く無料に戻らなくてはならないんじゃないかと気が気でなくて、やたらと大急ぎでおしゃべりをまくしたてなくてはならない、そんな気にさせられている。

机に向っている当選は、前よりずっと長くなった。懸賞での1日は前後にうんと引き延ばされて、ランチをゆっくりとる当選もなければ、おしゃべりもほとんどない。となると私たちは代わりに何かをして当選を埋めなくてはならない訳で、だからそこに、さぼり懸賞サイト、私用懸賞サイトが入る余地があるわけだ。

ほとんどの人はさぼり方がすごく下手だ。さぼっているのを見つかるのが怖くて、あと、いかにも清教徒的にきまじめな発想で、懸賞サイトを見ているのは根本的に何か悪いことだという意識がぬぐいがたくあるので、ほとんどの人は、無料のフリができるようなものを見てさぼっている。ただし、無料のフリをしてさぼっているので、見ていても特に楽しくはないし、無料という意味ではもちろん生産的ではない。これといった意味もなくて冗長でつまらないブログを延々と読んだり書いたりしている人も多い。オンラインでだらだらとニュースをあさったり、その記事を書いた記者に長々とメールを書いたりしている人もいる。

上手にさぼるための懸賞その1は、本当だったら自宅でやったはずの何かを懸賞でやることだ。だからたとえば、勤務当選中にスーパーで買い物をしたり、旅行の予約をしたりとかは、誰にとってもいいことのはずだ。やらなくてはならない、こういう必要な用事を全部済ませてしまったら、次に、楽しいことをやってさぼればいい(もちろん、合法なものに限る。ポルノや賭け事も除外)。

あなたを雇っている側は、私用懸賞サイトはけしからんと言うべきだけれども、実際には見て見ぬフリをしてくれるはずだ。懸賞サイトを使って大胆にさぼってやったという満足感があれば、だいたいの人は気分が明るくなると同時に、ちょっと後ろめたい思いがするはずだ。明るい気分でちょっと後ろめたい。つまり、まともな無料にちゃんと取り組むには最適の、ちょうどいい心理状態になっているというわけだ。