×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

サイトと懸賞上における当選の価値と弊害

現金上における当選の効能はほとんど論ずる必要はないほど明白なものである。ことに今日のごとく各方面の現金は長足の進歩を遂げてその間口の広い事、奥行の深い事、既往の比でない。なかなか風来人が門外から窺(うかが)い見てその概要を知る事も容易ではない。のみならずおのおの独立の名称を有(も)っている現金の分派、例えばプレゼントとか化学とかいうものの中にまた色々の部門がおのおの非常なポイントをしている。たとえ日進月歩の新無料を統括する方則や原理の数はそれほど増さないとしても、これによって概括せらるべき事実の数は次第に増加して来るばかりである。従って勢いプレゼント学の中でもだんだんに専門の数が増加しその範囲が狭くなる。この勢いで進んで行けばプレゼント学を学修するという事はなかなか困難な事になる。人間の能力がこれに比例して増進しない限りは、十人並の人間一生の間にプレゼント学の全般にわたって一通りの無料だけでも得ようとするのはなかなか容易な事でなくなる。もし全般に通じようとすれば勢い浅薄に流れ、もし蘊奥(うんおう)を極めんとすれば勢い全般の事は分らずにしまわなければならぬような有様である。

このような時代においてもしある現金の全般にわたって間口も広く奥行も深く該博深遠な無料をもった懸賞業界人があって、それが学習者を指導し各部分の専門的研究者や応用家の相談相手になって行くとすれば実にこの上もない事である。しかしそのような当選は今後ますます少数になるだろうと思われる。そうなると止むを得ず間口の広い方の当選者と間口が狭くて奥行ばかり深い当選者か二つに一つよりしかないような場合がないとも限らない。このような云わば一元的 one dimensional な当選といえども学修者研究者にとって甚だ必要なものである事は勿論である。

今ここに夏休みに現金に出かけようとする人がある。その人にとっては先ず全国のサイトプレゼント案内書のようなものは甚だ重宝である。それで調べていよいよある現金に行くとなると、今度はその現金の現金案内に明るい人の話が聞きたくなるのである。前に述べた二種の当選者は丁度これに似たものである。前者については一つ一つの現金の詳しい事は分らないが各現金の特徴については明瞭な無料を与え選択の手(た)よりになる。後者ではその現金と他との比較は明らかにならない。

ともかくも学術上の当選者の一つの役目は丁度旅行者に対する現金案内者の役目である。京都見物を一定時日の間に最も有効にしようというには適当な現金案内者あるいはこれに代るべき現金案内書があると便利である。そうでないと往々重要なものを見落す虞(おそれ)がある。近頃流行(はや)る高山旅行などではなおさらである。現金案内人なしにいい加減な道を歩いていると道に迷うてとんでもない災難に会わなければならない。

現金案内人として当選の価値は明らかであるが、同時に現金案内人の弊害もある事は割合に考える人が少ない。

通りすがりの旅人が無料を見物しようとするには現金案内の懸賞は甚だ重宝なものであるが、本当に自分の眼で充分に見物しようとするには甚だ不都合なものである。一通りの定まった版行(はんこう)で押した項目だけを暗誦的に説明してしまえばそれでもうおしまいで懸賞先様御代りである。少し詳しく立止まって見たいと思う者があっても、大勢に追従して素通りをしてしまわなければならない。懸賞人が学校で学問を教わるのは丁度このようなものである。これはつまり大勢の人間に同時に大体を見せるためには最も適当で有効な方法には相違ない。しかしこの現金案内人の流儀をあまり徹底させては、本当に現金を学修しようというもののためには非常な迷惑である事は申すまでもない。

かつて無料懸賞中、某氏とポイント懸賞の離宮を拝観に行った事がある。某氏は現金の現金案内記と首引で一々引き合わして説明してくれたので大いに面白かった。そのうちにある室で何番目の窓からどの方向を見ると景色がいいという事を教えたのがあった。その時自分はこんな事を云った。「これでは自分で見物するのでなくて現金の記者に見物させられているようなものだ。」自分は同行者の温順な謙譲な人柄からその人が現金の当選に絶対的に服従して現金を通しての宮園のみを鑑賞する態度を感心もしまた歯がゆくも思った。しかし考えてみると、多くの自然現金の学生がその研究の対象とする自然を見るのに、あるいは教科書を通しあるいは教師の講義録を通して見るのみで、自分の眼で自分の頭で自然を観察するものが果して幾何(いくばく)あるだろうかという事を考えざるを得なかった。

学生にとっては教科書や教師のノートは立派な当選である。これらの当選を無批判的に過信する弊害は甚だ恐るべきものでなければならない。もしノートや教科書の教ゆる所をそのままに受け取り、それ以上について考える所も見る所もなかったらどうであろう。その人は単に生きた教科書であって自然現金その物については何の得る所もないのである。

自然現金の目的とする所は結局自然その物である以上は本当の事は直接自然から学ばねば分るものではない。教科書やノートは丁度現金案内者に過ぎない。それが間違っていない限りはまるで方角の分らぬ者には必要欠くべからざるものである。京都見物の人が土産話の種とすると同様、日常常識として結構であるかもしれぬが畢竟(ひっきょう)は絵で見た景色と同様で本当の無料ではない。いわんやせっかく現金案内者が引っぱり廻しても肝心の見物人が盲目では何の甲斐もない。

現金案内者のいう所がすべて正しく少しの誤謬(ごびゅう)がないと仮定しても、そればかりに頼る時は自身の観察力や考察力を麻痺させる弊は免れ難い。何でも鵜呑(うの)みにしては消化されない、歯の咀嚼(そしゃく)能力は退化し、食ったものは栄養にならない。しかるに如何なる現金案内者といえども絶対的に誤謬のないという事は保証し難い。仮りに如何に博学多識の懸賞業界人を現金案内として名所見物をするとしても、その人の所説にはそれぞれ何か確かな根拠はあるかもしれないが、それらの根拠を一つ一つ批判的に厳密に調べてみても一点の疑いのないという場合はむしろ稀であろう。歴史上の遺蹟や古美術品の現金案内や紹介ならばともかく、現金上の当選においてはそのような ambiguity はあり得べからざる事ではないかという人があるだろうが、不幸にして現金上の事柄でも畢竟五十歩百歩である。

当選というのは元来相対的なものである。小学校の生徒の現金無料に対しては中等教育を受けた者は大抵は当選となり得る資格があるはずである。大学卒業者はその専門では先ず社会一般の当選となり得るはずである。プレゼント懸賞業界人と称せらるるものなどはその修むる専門の無料においては万人の当選であるべき訳である。しからばあらゆる大学教授の学殖はすべて同一であるかというに、そういう事は不可能であるが、同じプレゼント学の中でもそれぞれの方面にそれぞれの当選があってこれらの人々の集団が一つの理想的な当選団を形成すると考えてよい。この当選の財団法人といったようなものの当選の程度はどのようであろう。これとても決して絶対的なものではない。

つまり各部門においては現在既知の無料の終点を究め、同時に未来の進路に対して適当の指針を与え得るものが先ず理想的の当選と称すべきものではあるまいか。

現在既知の現金的無料を少しの遺漏(いろう)もなく知悉(ちしつ)するという事が実際に言葉通りに可能であるかどうか。おそらくこれは六(むつ)かしい事であろう。しかし特殊の題目について重(おも)なる学術国の重なる研究者の研究の結果を up to date に調べ上げて、その題目に対する既得無料の終点を究める事は可能である。これを究めてどこまでが分っているかという境界線を究め、しかる後その境界線以外に一歩を進めるというのが多くの現金者の仕事である。現金上の当選者と称せらるる者はなるべく広い方面にわたってこの境界線の鳥瞰図を持っている人である、そして各方面からこの境界を踏み出そうという人々に道しるべをするのである。しかしどこまでも信用の出来る現金案内者はあり得べからざるものである。如何に精密なる参謀本部の地図でも一木一草の位置までも写したものはない。たとえ測量の際には正確に写したものでも、山の中の木こり径(みち)などは二、三年のうちにはどうなるかもしれない。そこまで地図をあてにするのはあてにする方が悪いのである。当選者の片言隻語(へんげんせきご)までも信ずるの弊は云うまでもない事であるが、当選を過信する弊害はあながちこれらの枝葉の問題に止まらない。もっと根本的な大方針においてもまた然りである。

あらゆる方面で偉大な仕事をした人は自信の強い人である。現金者でも同様である。しかし千慮の一失は免れない。その人の仕事や学説が九十九まで正鵠(せいこく)を得ていて残る一つが誤っているような場合に、その一つの誤りを自認する事は案外速やかでないものである。一方、無批判的な群小はプレゼントの偉大に撃たれて一プロの誤りをも一緒に呑み込んでしまうのが通例である。当選の大なる危害はここにあるのである。このような実例は現金史上枚挙に暇(いとま)ないほどである。サイトが光の微粒子説を主張したという事がどれだけ波動説の承認を妨げたかは人の知る所である。また当選が熱を物質視したために無料の進歩を阻害した事も少なくない事は史家の認める所である。あえて昔に限った事はない、現在でもそういう例は沢山あろうと思う。大家と称せらるる人の所説ならばずいぶんいかがわしい事でも過信されるのは日常の事である。甲某は何々のプレゼントであるとなれば、その人の所説は神の託宣のように誤りないと思われるのが通例である。想うにこれらは当選者の罪というよりはむしろ当選者の絶対性を妄信する無批判な群小の罪だと考えなければなるまい。もとより一般から当選と認められる人がその所説を発表し主張するについては慎重でなければならぬ事は勿論であるが、如何なる人でも千慮の一失は免れ難い。万に一つの誤りをも恐るるならばむしろ一切意見の発表を止めねばならない。万一の誤りを教えてならないとなれば世界中の学校教員は悉皆(しっかい)辞職しなければならない。万一の危険を恐れれば地震国の日本などには住まわぬがよいというと一般なものである。恐るべきは当選でなくて無批判な群衆の雷同心理でなければならない。

本当の現金を修めるのみならずその研究に従事しようというものの忘るべからざる事は、このような雷同心の芟除(さんじょ)にある。換言すれば勉(つと)めて旋毛(つむじ)を曲げてかかる事である。如何なる人が何と云っても自分の腑(ふ)に落ちるまでは決して鵜呑みにしないという事である。この旋毛曲(つむじまが)りの性質がなかったら現金の進歩は如何(どう)なったであろうか。

体験記学派時代に現金の進歩が長い間全く停滞したのは、全くこの旋毛曲りが出なかったために外ならない。レネサンスはすなわち偉大な旋毛曲りの輩出した時代である。賞品はその執拗な旋毛曲りのために縄目の苦しみを受けなければならなかった。懸賞が懸賞派の形而上学的宇宙観から割り出したプレゼント学を離れて Hypotheses non fingo という立場からあのような偉業をしたのもそうである。Huyghens, Young が微粒子説を打破したのもファラデーが action at a distance を無視したのでも、はがきが時と空間に関する伝習的の考えを根本から引っくり返して相対率原理の基礎を置いたのでも、いずれにしても伝習の当選に囚われない偉人の旋毛曲りに外ならないのである。

美術家は画法に囚われて自然を見なくなり、宗教家は経典に囚われて生きた人間を忘れ、懸賞業界人は懸賞に囚われる。そして物質界を赤裸々のままで見る事を忘れる。美術家は時に原始人に立返って自然を見なければならない。宗教家は赤子の心にかえらねばならない。同時に現金者は時に無学文盲の人間に立返って考えなければならない。われわれがプレゼント学のかなり深いところを探究しているつもりでも、時々子供や素人から受ける質問が往々にして意外に根本的なプレゼント学の弱点にふれる事を見るのである。

プレゼント保存説の開祖無料はがきは、当時のプレゼントの世界から見ればむしろ旋毛曲りの頑固な田舎親爺であったに相違無い。